タグ別アーカイブ: 不動産鑑定士

戸建住宅地(土地)選びのチェックポイント(No.2) 最寄駅からの経路を歩いてみよう 不動産鑑定士

戸建住宅に住みたいとなった場合、どのような点に注意して戸建住宅地を選べばよいのでしょうか。東日本大震災のあと質問が多くなった分譲住宅地を実際に見に行く場合の注意点をまとめてみました。今特に注目されている住宅地の自然災害に対する安全性についても次回以降にお話ししていきます。
前回の内容
・まずは最寄駅の調査から
次回以降の予定
・分譲住宅地について調査しましょう
・調査した結果を整理し検討しましょう

今回は、最寄駅から調査対象の住宅地までの経路のチェックポイントについてお話いたします。

なお、実際の住宅地調査は、楽しみながら作業することを心がけてください。ご家族でピクニックに行くつもりでお弁当を持参すればちょっとした家族旅行にもなります。

サラリーマンの方など、通勤などに電車・バス等を使う方はターミナル駅から実際に電車・バス等を使ってみることをお薦めします。

① 最寄駅から戸建住宅地まで実際に歩いてみます。ゼンリンの住宅地図(縮尺1/1,500)があれば途中の施設、住宅の配置(お住まいの方の名前まで記載されています)等が詳細にわかります。購入すると数万円します。図書館で入手可能ですがコピーできるページに制限が付く場合もあります。なお、住宅地図は市又は区単位で冊子となっています。図書館に行く前に事前に電話して目的の住宅地図があるかないか確認してください。
② パンフレットなどに「徒歩〇〇分」と書かれているのは、1分間に80m歩けるとした場合の時間で、踏切・信号などの待ち時間は含まれていません。バス利用の場合は、最寄駅でバスの時刻表をもらいます。バス停の位置も確認します。
③ 歩いている時も街並み、建っている建物の階数、お店があるかなどの他、道路が舗装されているか・幅・傾斜なども観察しましょう。なお、目的とする住宅地が気に入って購入しようかなと思った時は、雨の日にも歩いてみてください。また、違った状況を観ることができることもあります。
④ 駅から戸建住宅までの地勢(平坦か、起伏があるか、坂はないか等)も確認します。自転車の利用ができるか否かの判断にも役立ちます。
⑤ 途中に商店街、公共施設がある場合はチェックします。また、汚水処理場、ゴミ焼却場等のいわゆる嫌悪施設があるかないかも確認しましょう。

相談会日程はこちらです。
相談会日程

戸建住宅地(土地)選びのチェックシート (まずは最寄駅の調査から) 不動産鑑定士

戸建住宅に住みたいとなった場合、どのような点に注意して戸建住宅地を選べばよいのでしょうか。東日本大震災のあと質問が多くなった分譲住宅地を実際に見に行く場合の注意点をまとめてみました。今特に注目されている住宅地の自然災害に対する安全性についても次回以降にお話ししていきます。

次回以降の予定

  • 最寄駅からの経路を歩いてみよう
  • 分譲住宅地について調査しましょう
  • 調査した結果を整理し検討しましょう

今回は、通勤に電車等をお使いの方であれば必ずチェックする必要のある「最寄駅」についてお話いたします。
なお、実際の住宅地調査は、楽しみながら作業することを心がけてください。ご家族でピクニックに行くつもりでお弁当を持参すればちょっとした家族旅行にもなります。

サラリーマンの方など、通勤などに電車・バス等を使う方はターミナル駅から実際に電車・バス等を使ってみることをお薦めします。

  1. 最寄駅から通勤・通学等で使う経路を確認します。たとえば、分譲住宅地の最寄駅が東急「溝の口」駅で会社がJR「大崎」駅にあれば、東急田園都市線でターミナル駅の「渋谷」駅を経由してJR山手線でJR「大崎」駅を利用しますが、「渋谷」駅で東急田園都市線とJR山手線の時刻表をもらい急行等の運行状況を確認します。インターネットでの確認でもいいでしょう。また、災害時を想定し地図で歩いて自宅に帰る場合の経路・時間も確認しておくことも必要でしょう。
  2. 最寄駅で電車・バス等の時刻表をもらいます。急行等の停車駅かどうかもお忘れなく調査してください。
  3. ③最寄駅が現地盤に対して高い位置にあるのか、低い位置にあるのか、いいかえれば、高架上の駅なのか、地下にある駅なのか調査します。これは線路が急な勾配(線路の角度)を取れないため、わかりやすくいえば線路はだいたい水平に敷かれていることから低い現地盤では駅は高架となり、高い現地盤では地下部分に駅が造られます。この調査によりその地域の地勢を知るうえで参考となります。
  4. ④駅の周辺の商業施設・バスターミナルなどについて調査します。どのような商業施設があるか。物価水準はどうかなどを確認してみてはいかがでしょう。住むことになれば好みのお店があるかないかは住まい選びの重要なファクターになります。また、分譲住宅地がバス便であればバスターミナルの乗り場も行ってみましょう。なお、最寄駅から分譲住宅地まで1km以内であれば徒歩圏といえるでしょうが、1kmを超えていればバス等の利用も調べましょう。

相談会日程はこちらです。
相談会日程

不動産鑑定士の主な業務内容 不動産鑑定士

不動産鑑定士の業務は、一般的には不動産の経済価値(価格)を鑑定(評価)することです。近年では不動産に関するコンサルティング等業務の幅が広くなってきていますが、各士業同様その先生の経歴と経験によることが現実です。なお、不動産鑑定士は地価公示、地価調査、相続税路線価、固定資産税、公共用地買収及び不動産の競売等に係る評価業務を行なっているため行政関係者の知名度は高いですが、一般的には知名度は低いです。

一般的な業務内容を列挙いたしますと次のとおりです。
・ 不動産の売買又は交換のためにその不動産の適正な価格が知りたい。
・ 不動産の賃貸又は賃借するに当たって適正な賃料を知りたい。
・ 相続などで不動産を分割する等する際の適正な分割方法等が知りたい。
・ 不動産を担保に金融機関からお金を借りる場合の担保価値が知りたい。
・ 所有不動産を有効活用する方法を知りたい。
・ 地代や家賃の更新・改定時の賃料が知りたい。

よく不動産の取引に関することの質問を受けますが、これは宅地建物取引主任者の業務範囲です。しかし、ほとんどの不動産鑑定士は宅地建物取引主任者の資格を有しています。

参考のため不動産鑑定士がその資格を取るため、どのような勉強(試験)が行なわれているかをご案内いたします。
<短答式試験 >
・ 不動産に関する行政法規
・ 不動産の鑑定評価に関する理論
<論文式試験>
・ 民法
・ 会計学
・ 経済学
・ 不動産の鑑定評価に関する理論
・ 不動産の鑑定評価に関する理論(演習科目)
<実務修習>
1年、2年、3年の3種類(コース)があり、実際の鑑定評価等を実地に学ぶ

相談会日程はこちらです。
相談会日程